治療に使うはり(鍼)

当院では、豪鍼(ごうしん)という尖ったはりと、
提鍼(ていしん)という先端の丸まったはりを使います。

丸まったはりはもちろんですが、尖ったはりでも
いわゆる鍼治療のようにはりのお尻を叩いて体の中に
深く入れていくことはしません。

はり先で体の表面にあるツボに触れて操作することにより
気を動かして体を温め、炎症を冷やし、緊張をといていきます。

深く刺さないので痛みは無く、感染症や傷害のリスクも減らせます。

治療に使うお灸

お灸は、よもぎの葉を精製して精油分を残したもぐさを使います。
もぐさは指先でひねって米粒大にするか、
始めから小さい筒に詰められているものを
ツボの上に置いて点火します。

熱と精油分によってもぐさは体の表面から温めたり、
汗をかかせて体内の炎症をとります。

体の変化を見てすぐに取り去りますので、
やけどのあとが残ることはなく、熱さも感じません。